〒176-0003 東京都練馬区羽沢1-7-7 第2ゼネラルビル2F
イタリア語対応
サイトマップ
TEL:03-3993-8901

練馬区の新桜台駅近くの歯医者、福田歯科クリニック。口腔外科、噛合治療でお困りの方はご相談ください。

インプラントについて

ドクターインタビュー

HOME»  インプラントについて

インプラントとは

事故や加齢によって成人の歯を一度失うと、二度と元には戻りません。歯は失うことによって、隣の歯へ負担をかけたり歯並びが悪くなってしまい、食事をおいしく感じられなくなったり顎が痩せてしまったりと悪影響を及ぼします。
多くは「入れ歯」や「ブリッジ」あるいは「差し歯」で代替治療を行いますが、それらに代わる治療法として開発された新しい治療法が、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯の根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する「インプラント」治療です。
インプラントは従来の治療法とは違い、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。インプラントで自然に近い、より美しい歯を取り戻し、おいしく食事をしましょう!

練馬区で歯の喪失にお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

インプラント治療の流れ

診査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。その後、治療計画を立てます。

フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部分インプラントの部品(フィクスチャー)を、手術により顎の骨に埋入する手術を行います。局部麻酔を用いて行いますので安心して手術を受けることができます。

治癒期間

この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(約3~6ヶ月)
※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。
※この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

アバットメントの結合

人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(=型を採ること)を行います。その型に従い人工の歯を作製します。その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。歯科医師の指導に従い、正しい歯磨きを心がけてください。また、半年に一度、定期的に検診を受け、インプラントの状態を歯科医師に診てもらうようにしてください。

インプラントのケーススタディ

歯を1本失った場合

歯を数本失った場合

歯をすべて失った場合

インプラントQ&A

インプラントの適齢は?
インプラントは骨に埋め込むものですので、骨の成長期は不適です。従って骨の成長が落ち着いた20歳前後から、ご高齢の方でも条件が揃えば十分に可能です。
ただし、ご高齢の方の場合は骨とインプラントの結合に時間がかかる場合が多いようです。
インプラントはどれくらい使用可能でしょうか?
スウェーデンでの調査によれば、手術より15年以上使用されている患者さんが90%近くいらっしゃるとのことでした。手入れをきちんとして、定期的なメインテナンスを続けることで長くお付き合いいただけるものなのです。
手術が怖いんですけど…
麻酔をしますので痛みは極力抑えることができます。痛みの程度も抜歯程度と考えていただけばイメージしやすいでしょうか。手術に関しても入院等は必要はほとんどありませんので、通常の生活をしていただけますが、術後は安静を心がけてください。
インプラントに使用されている金属で、体に影響はありませんか?
インプラントに使用する金属はチタンです。チタンは生体親和性が高く、骨と結合しやすく、生体内で変化の少ない金属です。研究等で安全性も確立されています。
Page top