睡眠薬を飲み続けたら依存する?

睡眠薬と依存
皆さんは睡眠薬に対してどんなイメージを持っていますか?
「睡眠薬を飲みはじめたら必ず依存してしまう?」
「薬がないと眠れなくなるって本当?」

などマイナスイメージを持っている人は多いと思います。

睡眠薬はどんどん進化を遂げて、安全性が高い薬が開発されています。
数々の臨床実験や研究が進み、依存性が軽減されているのです。
きちんと飲み方を守れば、安心して飲める薬がほとんど。

しかし間違った飲み方や減薬方法は、依存性を高くする危険があります。

睡眠薬で起こる依存のタイプは大きく2種類あり身体的精神的と分かれます。
薬を絶つとまた眠れない日々が始まるという不安、薬の効果が切れると身体に異常が出てしまうなどさまざまな原因によって引き起こされてしまいます。

今回は間違った服用で起こる依存について書いています。
依存しやすい行動と、対処方法を見て行きましょう。

精神的依存とは?

「寝付きが悪い」
「眠れても夜中に目が覚めて、朝まで眠れない」
「もっと眠りたいのに、朝早く起きてしまう」
など不眠で悩んでいる人は多く存在します。

不眠に悩まされている人は、疲れが取れにくかったり日中の活動時間に眠気がきたりと苦痛が続く日々を送っています。
睡眠薬を飲むと今までの苦労がウソのようにぐっすりと眠れるため、手放せなくなったらどうしようと不安につながってしまいます。
薬があれば安心できるという考え方になり、依存してしまうのです。

身体的依存とは?

薬をやめたくても、
・イライラする
・心身が不調になる
・頭痛が起きる
・不眠の症状が悪化する
などの脱離症状が現れてしまうのが身体的依存です。

クリニックや病院などでよく使われている睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系。
脳のGABA受容体に働きかけ、抗けいれん・抗不安・睡眠などの作用をもたらします。

継続的に服用すると成分が体の中にあることが当たり前になってしまいます。
体内から成分が無くなってしまうと、異常が起きていると判断してしまうのです。

薬の成分を身体が欲してしまい、断薬したくてもできずに依存に繋がってしまいます。

依存を予防する4つのポイント

4つのポイント
薬を飲むことで眠れない・寝つきが悪いなどの症状が改善しても、手放せなくなっては意味がありません。
上記で述べたように身体の不調が起こったり、不眠の症状がわるくなったりする可能性があるのです。

【4つのポイント】
1.服用量は自分で判断しない
2.作用が短い睡眠薬は服用に気をつける
3.お酒と一緒に飲まない
4.依存性が低い薬を選ぶ

1.服用量は自分で判断しない

睡眠薬を飲んで1週間以内になんらかの効果が実感できます。
気をつけて欲しいのは、
・薬が効かないからと決められた服用量より多く飲んでしまう
・市販で売られている睡眠改善薬を一緒に飲んでしまう
などの危険な行動です。
依存に近づく可能性があるため、絶対に止めましょう。

また睡眠薬を服用しても夜中に起きてしまい、2回目の薬を飲んでしまう人も。
依存してしまうのでは?と怖くて不安な人も多くいるでしょう。
かといって、不眠の症状が良くなったとたんに服用をきっぱりとやめてしまうことは大変危険です。

離脱症状を引き起こしやすくなる原因の1つになってしまうからです。
不眠の症状が悪化したり、不安感が強くなったり、幻覚症状が起きる場合もあるのです。

決められた服用量以上の薬を服用すると、依存しやすくなり危険です。
服用量は自分で判断せずに、決められた服用量を守りましょう。

2.作用が短い睡眠薬は服用に気をつける

超短時間型や短時間型などの作用時間が短い睡眠薬は、依存しやすいと言われています。
あまり薬に頼らないように、連日飲み続けたり量を増やすのは危険な行為です。

毎日飲まなきゃという意識は捨て、とりあえず薬に頼らず布団に入ってみましょう。
布団に入って1時間程たっても眠れない場合や、休みの前の日は薬を飲まずに眠ってみたりと当たり前に服用することを避けると良いでしょう。

作用時間が長い睡眠薬を使用することもオススメ。

3.お酒と一緒に飲まない

毎日晩酌するお酒好きな人も多いですよね。
日々のストレス発散方法がお酒で、飲まないとやってられないというのは良く聞くセリフ。
しかし睡眠薬を服用する時は、アルコールと一緒に飲まないでください。

お酒と睡眠薬の成分を代謝してくれるのは、肝臓です。
一緒に服用すると、肝臓の代謝が追いつかず薬の成分の代謝が遅れてしまいます。
体内での薬の血中濃度が高くなり、中毒症状や副作用が強く出る場合があるのです。

睡眠薬を服用する際は、アルコールの摂取を避けましょう。

4.依存性が低い薬を選ぶ

依存性の低いロゼレムやベルソムラを選ぶようにするという選択肢もあります。

ロゼレムはメラトニンの働きを促し、体内時計を整えます。
人間本来の睡眠リズムを整えることで、自然な眠りへと導いてくれるのです。

ベルソムラは、脳内の覚醒に重要な神経伝達物質・オレキシンの働きをブロック。
脳の覚醒レベルを下げることで、眠気を誘う薬です。
生理的に変動している物質に働きかけ、睡眠を促します。

今回は睡眠薬の依存性について紹介しました。
薬がなくても眠れるよう、正しい飲み方を守りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする