薬局で買える!睡眠改善薬

睡眠改善薬
眠れない夜は辛いですよね。
「ときどき眠れなくなる」
「不安や悩み事があると、ずっと考えてしまい気付いたら朝になっている」
など健康な人でも不眠の症状が現れることがあります。

不眠症程ではないけど、時々眠れない夜があるという方は意外と多いのではないでしょうか。
第2回目の今回は、市販の睡眠改善薬についてお話していきます。

薬局やドラックストアで売っている睡眠改善薬。
本当に入眠の効果はあるのか、睡眠薬と違いがあるのか気になったことありませんか?
意外と知られていない薬局の睡眠薬について見て行きましょう。

睡眠改善薬の入眠効果

薬局やドラックストアで売っている睡眠改善薬は、第1回で紹介した睡眠薬とは全く違う作用で睡眠を誘います。

皆さんは抗ヒスタミン薬というお薬、聞いたことはありませんか?
風邪薬やアレルギーの治療薬として良く使われる薬です。
抗ヒスタミン薬の副作用には、眠気が起こることがあります。
それを逆手にとって作られたのです。

抗ヒスタミン薬は、覚醒を促す物質であるヒスタミンとヒスタミン受動体の結合を妨げる作用で睡眠へと導きます。
処方箋が必要な睡眠薬とは違い、一時的な不眠の症状を改善するために作られた薬なのです。

睡眠改善薬を服用する際の注意点

市販薬である睡眠改善薬にも、飲むときには注意すべき点があります。
まず副作用から見ていきましょう。

【主な副作用】
口の渇き、尿が出にくくなる、眼圧の上昇、眠気、発疹、発赤、かゆみ、胃痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、めまい、頭痛、動悸など

風邪薬や鼻炎薬などで見られる眠気を睡眠に応用しているため眠気は自然。
効き目は緩やかなため、副作用もさほど重い症状は現れません。

抗ヒスタミン薬である睡眠改善薬を飲んだ場合、レストレスレッグス症候群を引き起こす可能性があります。
レストレスレッグス症候群とは、下肢部分を中心にむずむずしたり痛かゆくなったりと異常な感覚が現れる病気です。
余計に眠れなくなる場合があるので注意が必要です。

ほとんどの睡眠改善薬は、ジフェンヒドラミンという有効成分が含まれています。
ジフェンヒドラミンは、服用後12時間たっても脳に残ると言われている成分。
昼間に眠気がきたり、うとうとする可能性が高いのです。
思ったよりも作用時間が続くということを頭に入れておきましょう。

体に異常を感じた場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。

睡眠改善薬が飲めない人

睡眠改善薬は誰でも飲めるわけではありません。
飲めない人もいるので、飲む前にチェックしましょう。

【飲めない人】
・15歳未満
・高齢者
・妊娠中または授乳中の女性
・緑内障、前立腺肥大症などの持病がある

緑内障・前立腺肥大症などに当てはまる方は症状が悪化したり、胃腸や尿管が収縮したりする可能性があるため注意が必要です。
飲む前に、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

飲んでも症状が改善されなかった場は、医療用の睡眠薬を服用しましょう。

睡眠改善薬の併用注意

睡眠改善薬と飲み合わせが悪い薬があります。

【併用注意薬】
・睡眠鎮静薬
・かぜ薬
・解熱鎮痛薬
・鎮咳去痰薬
・抗ヒスタミン剤

これらの薬は睡眠改善薬(抗ヒスタミン薬)と成分が重なります。
薬の効果が強くなり、副作用が出やすくなる可能性があるため一緒に飲むのは止めましょう。

お酒と一緒に飲んだり、体にアルコールが残っている状態で服用するのは危険です。
薬の効果が効きすぎてしまう可能性があるので、副作用が出やすくなる可能性があります。

睡眠薬と睡眠改善薬の違い

睡眠薬の違い
薬局で買える睡眠改善薬と、病院で処方される睡眠薬は何が違うのかと思う方は多いと思います。

目的 購入方法
睡眠改善薬 一時的な不眠 薬局、ドラックストア
睡眠薬 日常的な不眠(不眠症) 病院

睡眠改善薬は、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの一時的な不眠を対象としています。
しかし睡眠薬は日常的におこる不眠の症状に向けた薬なのです。
病院処方の睡眠薬と比べて、睡眠改善薬はゆるやかに睡眠へと導きます。

・ここ2~3日、寝つきが悪い
・いつもより眠りが浅い
など普段は問題なく眠れている人が、一時的に眠れなくなった場合に服用するための薬です。

睡眠薬は、不眠障害の治療に使われる薬。
不眠症の症状である、
・入眠障害
・中途覚醒
・熟眠障害
・早朝覚醒
などの症状を改善するために作られています。

睡眠薬は薬の作用時間によって、超短時間作用型・短時間作用型・中間作用型・長時間作用型に分けられます。

タイプ 超短時間作用型 短時間作用型 中時間作用型 長時間作用型
持続時間 2~4時間 6~10時間 20~24時間 24時間以上

不眠の症状に合わせて、薬のタイプを変えることで不眠の症状を改善してくれます。

不眠はいろいろな原因があり、慢性化してくると市販薬だけでの改善は難しくなっていきます。
不眠が長期にわたる場合、睡眠薬へ変えることも考えましょう。

今回は、市販の睡眠改善薬について紹介しました。
睡眠薬と睡眠改善薬は全くの別物ということが分かりましたね。
寝付けない、眠りが浅いという不眠が続いた場合は、睡眠改善薬を服用しましょう。
睡眠改善薬を服用しても不眠の症状が改善されない場合は、早めに医療機関を受診することをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする